私は学生の頃から長らく肩こりとは縁遠い人間でした。普段から運動をしていたり、長湯が好きな性質のためか、学生時代は肩こりに悩まされたことはありませんでした。しかし、だからこそいざ社会人になり不規則な生活に直面した時、ひどい肩こりに悩まされるようになりました。新入社員のころは、覚える事が多すぎて日々の生活を整える余裕はありませんでした。運動も長湯もできず、パソコンにかじりつく毎日が続いていくうちに、私の肩と腰は鉄のようにかたくなってしまいました。最初はマッサージを受けるのは大げさすぎて、あまり気乗りしませんでした。しかし、肩こりや腰痛が生活に支障をきたしかけだしてきたので、友人の勧めもあり初めてマッサージをうけました。この選択は大正解でした。私がその時うかがったのはアロマ・マッサージだったのですが、体だけでなく心もほぐされたような気分になりました。気を張ってむりやり動かしていた体を何回かの施術でゆっくりと正しい筋肉にほぐしてくれました。アロマの香りに思考をまかせて施術を受けているこの時間は日常の中の贅沢な非日常として私の生活を贅沢なものにしてくれました。そうやって心にゆとりが出来たおかげで公私ともに落ち着いて、いいことが起きるようになりました。今でもこのアロマ・マッサージ店は私の行きつけです。